本文へスキップ

狭心症・心筋梗塞は生命に関わる重大な病気です。狭心症・心筋梗塞の原因・症状・治療・検査・予防を知っておきましょう!

狭心症・心筋梗塞の検査を受けるには

目次


おや?っと思ったらかかりつけ医へ


 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、早期に発見し適切な治療を行えば予後は良好になります。しかし、病気の進行に気づかなかったり、そのままにしておくと生命に関わる重篤な事態になりかねません。胸に痛みや違和感を感じるようになったら、できるだけ早く受診するようにしましょう。

 また、健康診断の胸部レントゲンや心電図で異常が見つかった場合も、症状がないからといってほうっておかずに受診するようにしましょう。

 初めて受診する場合はどこの病院に行ったらいいか迷いますが、都会ほど大病院や大学病院に患者が集中する傾向があります。確かに大病院は最新設備が整っており、診療科も多いために安心感があります。しかし、患者が集中するために何時間も待たされ、診察は数分で終わり、次の受診は数ヵ月後ということさえあります。

 このような状況では自分の状況をゆっくり聞いてもらう時間もなく、十分な説明を受ける余裕もありません。大きな病院にかかっているという安心感はありますが、必ずしもメリットばかりだけではないのです。そのため、普段から自分の生活状況や健康状態を理解し管理してくれる開業医のかかりつけ医を持つことをおすすめします。

 また、かかりつけ医を持つことはスムーズに専門医に診てもらえるというメリットがあります。初めて大病院に行くと、まずは一般外来での診察を受けることになり、専門医の診察は1ヵ月後ということもあります。しかし、かかりつけ医の紹介状があればすぐに専門医に診てもらうことができ、かかりつけ医での検査結果やレントゲン写真、心電図があればよりスムーズに検査や治療を行うことができます。

 さらに、治療や検査が終わってもとの生活に戻る際には専門医からかかりつけ医にその結果が報告されるため、専門医とかかりつけ医が情報を共有している事で安心して日常生活が送れるようになります。


心臓病専門病院の選び方


 大きな病院を選ぶ際にチェックするポイントとして、医療設備が充実しているか、心臓病に詳しい専門医がいるかなども大切ですが、まず第一に通院しやすさを考えるべきです。狭心症や心筋梗塞といった心臓病は治療や治療後の通院期間が長くなる事が多く、場合によっては一生付き合わなければならなくなる事もあります。

 通院は本人の心身への負担や入院の際の家族への負担にもなるため、できるだけ自宅か勤務先に近いところで探すようにしましょう。

 また、心臓病専門病院として選ぶ際には、心臓超音波検査(心臓エコー検査)や24時間ホルダー心電図検査、運動負荷試験、心臓核医学検査、心臓カテーテル検査などが行えることや、CCU(冠動脈疾患集中治療室)があるところがよいでしょう。狭心症や心筋梗塞の発作は昼夜を問わず突然起こるため、夜間の受け入れ態勢が整っているかも心臓病専門病院を選ぶ際のポイントになります。

 そのほか、検査や入院にかかる費用も病院によって違う事があります。そのため、金銭的なトラブルをさけるためにあらかじめ検査や入院にかかる費用を確認しておくとよいでしょう。また病院全体の雰囲気も大切です。医師だけでなく、病院スタッフ全体の対応がよいこと、質問に嫌がらずに答えてくれることなども病院選びのポイントになります。


受診の前に準備すること


 大きな病院や心臓病専門病院に行く事が決まったら、まずは病院に電話をして診察時間や予約・紹介状の必要の有無などを確認しておきます。緊急の場合はこの限りではありませんが、事前の確認を行わずにいきなり病院に行くと、その日は診察が受けられないという事さえあります。

 受診の日時が指定された場合は、必ずその指示に従うようにしましょう。大学病院などの大きな病院では患者数が多いために、一度指定された日をはずすと次の診察まで何日も待たされることがあります。また、かかりつけ医の紹介状がある場合は忘れずに持参して受付時に係の人に渡します。

 診察に際しては医師の前で緊張して戸惑わないように、事前に自分の症状を具体的にメモにまとめておくとよいでしょう。ここでの注意点は、自分の判断で心臓病に関係していそうな症状だけを選ばず、気になる症状はすべて伝えるようにします。また、今までの病歴や家族歴、現在服用中の薬、健康診断の結果がある場合はそれも持参すると診断の役に立ちます。受診前のチェック項目として以下の項目があります。

≪気になる心臓の症状やその他の症状≫
これまでにした病気や現在治療中の病気(既往歴)
家族に心臓病の人がいるか(家族歴)
現在服用している薬があるか
生活習慣について(喫煙や飲酒など)


関連記事
狭心症・心筋梗塞の検査とは
狭心症の診断に有効な運動負荷試験
心エコー検査・心筋シンチグラフィー・心臓カテーテル検査
狭心症・心筋梗塞の原因とは
狭心症・心筋梗塞の症状
狭心症・心筋梗塞の治療とは
狭心症・心筋梗塞の薬物治療
カテーテル治療とは
冠動脈バイパス手術とは
狭心症・心筋梗塞の検査・治療にかかる費用