狭心症・心筋梗塞は生命に関わる重大な病気です。狭心症・心筋梗塞の症状・治療・検査・予防をしっかり学びましょう!
知っておきたい狭心症・心筋梗塞
知っておきたい狭心症・心筋梗塞
心臓病の検査・治療にかかる費用

 医療費には健康保険が適用される

 心臓病で病院にかかる際に気になるのが医療費です。心臓病の治療には高度な技術が必要であり、さまざまな検査も行うために治療費が高額になります。しかし、日本では国民皆保険制度がとられており、自己負担は一部分になります。また、高額医療費制度によって支払額の上限が設定されており、一定額を超過した分は後で払い戻しを受けることができます。

 心臓病の疑いで診察を受ける場合は、胸部レントゲン検査、心電図検査、血液検査などを受け、ほかに特別な検査を行わなければ医療費の3割負担(国民健康保険を適用)により4000〜5000円くらいで済みます。午後10時以降に受診する場合は深夜加算があるので、6000〜7000円くらいかかります。しかし、検査時にCTなど高度な検査を行った場合はより高額になることがあります。


 自己負担額には上限がある

 心臓カテーテル検査やバイパス手術となると、治療費は一気に高額になります。(社)全日本病院協会が2000年から2001年にかけて行った調査によると、心臓カテーテル検査には平均207万6700円、心臓バイパス手術では459万3600円かかっています。

 この金額だけを見ると、心臓病の治療にはお金がかかると思って病院を敬遠してしまう人がいますが、健康保険が適用されるため実際に負担する額は総額の3割になります。つまり、カテーテル検査であれば約62万円、バイパス手術であれば約137万円となります。

 それでもやはり高額な治療費ですが、医療保険では突然の医療費負担が家計を圧迫しないように、一定の自己負担額を超えた分はあとから払い戻される高額療養費制度を設けています。この制度では自己負担額の上限が所得によって分類されており、申請をすると3ヵ月後に保険から払い戻されるしくみになっています。








 


  高額療養費の自己負担額

  75歳以上には老人保健制度が適用

  トップページへ


 高血圧は狭心症・心筋梗塞の大敵!高血圧の正しい知識を身に付けて予防・治療しましょう
 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. 知っておきたい狭心症・心筋梗塞 All rights reserved