本文へスキップ

狭心症・心筋梗塞は生命に関わる重大な病気です。狭心症・心筋梗塞の原因・症状・治療・検査・予防を知っておきましょう!

狭心症・心筋梗塞の症状
知っておくべきポイントとは

 狭心症とは?どんな症状が現れる?

目次


狭心症とは冠動脈の血流不足


 狭心症とは、心臓(心筋)に栄養と酸素を運ぶ冠動脈の内部が狭くなり、心臓への血流が悪くなるために一時的な胸の痛みが起こる状態をいいます。

 冠動脈の内部が狭くなる原因は、コレステロールが血管に沈着することで起きる動脈硬化です。動脈硬化が進行するとコレステロールの塊(粥腫)が血管壁内にでき、これが血管内を圧迫して冠動脈内が狭くなります。

 冠動脈の内腔の75%が狭窄すると、心臓への血流に支障が出るようになるため、一時的な胸の痛みなど自覚症状が現れるようになります。このような胸の痛みを「狭心症発作」といいます。

 狭心症発作はなんの前触れもなく突然に起こります。狭心症の症状は数十秒から数分続き、痛みの強さや持続時間は狭心症の起こる場所や程度によって異なります。狭心症は冠動脈の狭窄の状態や発作の程度によって、細かく分類されています。

徐々に圧迫される胸の痛みが特徴


 狭心症発作で起こる症状は、ほとんどの場合で、胸の中央からみぞおちにかけての広い範囲に胸痛が起こります。痛みは指で示せるような狭い範囲ではなく胸全体に現れます。胸痛の状況として、以下の例があげられます。

息が詰まるような痛み
胸が締めつけられるような痛み
胸が圧迫されるような痛み
胸が痛くて息苦しい

 痛みは体の表面にチクチクやズキンズキンと痛みを感じるものではなく、体の深いところから現れるような感じがします。発作の程度には個人差があり、我慢できる痛みから我慢できない痛みまでさまざまです。



胸以外のいろんな所が痛むこともある


 狭心症発作の原因は心臓で起きていますが、発作の痛みは胸に限らず、上半身のいたる所で感じる事があります。この痛みを「放散痛」といい、みぞおちや肩、腕、首、のど、あご、歯などに痛みを感じることがあります。

 狭心症の症状が胸以外に現れるとは思っていないため、腹痛や虫歯などと勘違いしてしまいがちです。この放散痛は必ず胸の痛みと一緒に起きるわけではなく、放散痛だけ起きる事もあるため注意が必要です。

決まった状況で起きる狭心症の症状


労作性狭心症

 労作時狭心症は、通常よりも身体に負荷がかかった際に心臓への血流が不足することで起こります。運動をしたり、坂道を登ったりすると身体の筋肉はたくさんの酸素を必要とするため、心臓は全身の血流量を増やして酸素をたくさん送り届けようとします。

 しかし、冠動脈が動脈硬化によって狭くなっていると、たくさん動いている心臓に対して十分な血液を送ることができないため、心臓自体が酸欠状態になってしまい、胸痛が起こるようになります。

 そのため、普通に歩いている限りは問題ないのに、階段を上ったり、坂を上ったり、少し駆け足したりする際に決まって狭心症の症状が現れるようになります。


安静時狭心症

 安静時狭心症は、就寝中や安静にしている時に冠動脈の一部がけいれんを起こすことで冠動脈が狭窄し、心臓への血流が不足することで起こる狭心症です。

 このように冠動脈の一部がけいれんする事を「冠れん縮」といい、発作は就寝中の明け方にかけて起こりやすい傾向があります。また、急に体を冷やした時や、お酒の飲んだ後に起こることもあります。

病状の違いによる狭心症の症状


安定狭心症

 安定狭心症とは、狭心症の症状が現れる状況や持続時間、痛みの強さが毎回類似しており、症状の程度が一定の範囲内で治まる狭心症をいいます。

 狭心症は冠動脈内が狭くなることで発症しますが、安定狭心症は冠動脈内を狭くするプラーク(コレステロールの固まり)が崩れにくくなっていることが多く、狭心症の症状が現れるものの、心筋梗塞への移行の可能性は少ない狭心症といえます。


不安定狭心症

 不安定狭心症とは、狭心症の症状が現れる頻度や痛みの強さが一定ではなく、軽い運動や安静時にも発作が起きることがあるなど、症状が不安定な狭心症をいいます。

 不安定狭心症の場合、冠動脈内が狭くなっていることはもちろんのこと、プラークが崩れやすい、血栓ができやすい、冠動脈のけいれんが起きやすいなど、心筋梗塞に移行する可能性の高い狭心症といえます。

狭心症の症状は長くは続かない


 狭心症発作は長く続かないことも特徴のひとつで、発作の持続時間は比較的短く、数十秒から数分間程度がほとんどです。長くても10分程度であり、強い胸痛が15分以上続く場合は心筋梗塞が疑われます。

 狭心症発作は冠動脈が狭くなり、心臓への血流が少なることで起こります。そのため、冠動脈の血流が回復すれば発作症状は治まり、発作時以外に症状が現れる事はありません。




 心筋梗塞の症状とは?どんな症状が現れる?

目次


死の恐怖を感じる強烈な痛み


 心筋梗塞はなんの前ぶれもなく突然起こります。心筋梗塞の症状は狭心症とほぼ同じような場所に現れますが、特に胸の真ん中、または左胸部に締めつけられるような痛みを感じます。また、狭心症発作とは比較にならないくらいの痛みに襲われ、どのように痛いかは感じ方は人それぞれですが、あまりの強烈な痛みから以下のように例えられたりします。

火箸で刺されたような痛み
石で胸が潰されたような痛み
胸の中をえぐられるような痛み

 全身に血液を送っている心臓が発作を起こしているため、死の恐怖を感じることがあります。実際、心筋梗塞の程度によっては突然死を招くこともあります。冷や汗が出たり、呼吸困難になったり、場合によっては意識を失う事もあります。

胸の痛みが30分以上続くことも


 心筋梗塞の発作は持続時間が長いのも特徴です。狭心症発作は安静にすると治まりますが、心筋梗塞は多くの場合で30分以上の強烈な痛みが続きます。心筋梗塞の症状は狭心症と似ているところがありますが、痛みが15分以上続くようであれば心筋梗塞を疑う必要があります。

時間が経つほど心臓は壊死していく


 心筋梗塞は冠動脈が詰まってしまっているため、冠動脈拡張薬のニトログリセリンを使用しても効果がありません。発作が始まるとすぐに心筋の壊死が始まります。胸痛は発症から数時間経過すると次第に治まってきますが、これは心筋梗塞が治ったわけではなく、心筋や神経が壊死して痛みがわからなくなったためです。

 心筋の壊死範囲が拡がると、心臓のポンプ機能が低下して心不全になります。強い息切れや呼吸困難、血圧低下が起こり、死に至る事もあります。このように心筋梗塞は時間との闘いであり、対処が遅れると予後にも大きな影響を及ぼします。心筋梗塞の発作が起きたら、迷うことなくすぐに救急車を呼び、専門医の治療を受けましょう。



関連記事
狭心症・心筋梗塞の原因とは
狭心症発作が起きやすい状況
心筋梗塞が起きやすい状況
心臓病以外でも胸痛が起こる
痛みのない心筋梗塞に注意
心臓発作が起きた緊急時の対応
狭心症・心筋梗塞の検査を受けるには
狭心症・心筋梗塞の検査とは
狭心症の診断に有効な運動負荷試験
心エコー検査・心筋シンチグラフィー・心臓カテーテル検査