狭心症・心筋梗塞は生命に関わる重大な病気です。狭心症・心筋梗塞の症状・治療・検査・予防をしっかり学びましょう!
知っておきたい狭心症・心筋梗塞
知っておきたい狭心症・心筋梗塞
緊急時の対応

 発作が激しい時は救急車を呼ぶ

 初期対応が生死を分ける

心臓の基礎知識

 心臓のしくみ

 心臓と血液循環

 心臓と冠動脈

日常生活の注意点

 心臓に負担をかけない運動を

 無理のない運動を継続して行う

 間違った入浴は心臓の大敵

 トイレの室温、いきみすぎに注意

 喫煙は心臓病の大きな要因

 睡眠不足は心臓の負担

検査・治療にかかる費用

 医療費には健康保険が適用される

 自己負担額には上限がある

 高額療養費の自己負担額

 75歳以上には老人保健制度が適用

狭心症・心筋梗塞の症状

 狭心症や心筋梗塞の発作は突然襲ってきます。狭心症は心筋梗塞の予兆でもあり、心筋梗塞は生死に関わります。発作発生時に迅速に対応できるよう、狭心症や心筋梗塞の症状を知っておきましょう。

 狭心症の症状とは

 狭心症発作が起きやすい状況

 心筋梗塞の症状とは

 心筋梗塞が起きやすい状況

 心臓病以外でも胸痛が起こる

 痛みのない心筋梗塞に注意

狭心症・心筋梗塞の事を知ろう

 狭心症も心筋梗塞も心臓への血流不足という点では共通していますが、狭心症の進行したものが心筋梗塞でもあり、狭心症の症状を見逃していると心筋梗塞へと発展してしまいます。狭心症の種類や心筋梗塞のしくみについて理解しておきましょう。

 狭心症とは
   安定狭心症と不安定狭心症
   労作性狭心症と安静時狭心症
   冠動脈硬化性と冠攣縮性狭心症

 心筋梗塞とは


病院で診察を受けよう

 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、早期に発見し適切な治療を行えば予後は良好になります。しかし、病気の進行に気づかなかったり、そのままにしておくと生命に関わる重篤な事態になりかねません。胸に痛みや違和感を感じるようになったら、できるだけ早く受診するようにしましょう。

 おや?っと思ったらかかりつけ医へ

 心臓病専門病院の選び方

 受診の前に準備すること

 問診は診断の第一歩

 多くの情報が得られる基本検査

狭心症・心筋梗塞の検査

 診断に不可欠な心電図検査

 狭心症に有効な運動負荷試験
   運動負荷試験とは
   マスター階段昇降
   自転車エルゴメーター
   トレッドミル法

 心臓を視覚的に調べる画像診断
   心エコー検査
   心筋シンチグラフィー

 心臓カテーテル検査(冠動脈造影)


狭心症・心筋梗塞の治療

 狭心症・心筋梗塞の治療の進め方

 薬物療法に使われる薬の種類
   硝酸薬
   β遮断薬
   カルシウム拮抗薬

 薬物療法の注意点

 カテーテル療法
   経皮的冠動脈形成術(PTCA)
   冠動脈内ステント
   経皮経冠動脈血栓溶解療法
   大動脈バルーンパイピング法

 冠動脈バイパス手術

 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2014. 知っておきたい狭心症・心筋梗塞 All rights reserved
 
◇◇◇ 相互リンク ◇◇◇
わかりやすい貧血の知識/e食べ合わせ大百科/e食用油ガイド/e痛風治療ガイド/ダイエット/e血液サラサラガイド/妊娠症状スッキリガイド
離乳食レシピ大百科/まるわかり医療事務ガイド/サプリメント/なるほど高血圧ガイド/ケアマネージャーになろう
ホームヘルパーの資格と仕事ガイド/秘書検定ガイド/臨床心理士入門ガイド/膵臓癌の症状・治療/前立腺癌の症状・治療